「食事改善」

 

背中にきびがきになって食事で対策をと考えているのなら、脂っこいものやスナック菓子、甘い物やインスタント食品、辛い物などは避けましょう。

皮膚の炎症を抑えるビタミンB2やビタミンB6を積極的に摂るのも効果的です。ビタミンB2はレバーやウナギ、青ノリやワカメなどに多く含まれています。ビタミンB6は、まぐろやかつお、ニンニクなどで摂ることができます。緑黄色野菜や果物などビタミンの多いものをしっかり食べることで背中にきびの対策をすることができます。

また、内臓の働きが悪いとせっかく食べても栄養を吸収することができません。暴飲暴食を避けたり、しっかりと睡眠をとったり、ストレスなどを溜めない、などといった生活習慣についても注意しましょう。

規則正しく食べることも内臓の負担を減らして栄養をしっかり吸収するために大切です。朝食を抜いたり、遅い時間に食事したり、食べてすぐに寝るようなことを避けるようにしましょう。