「抗生物質」

 

背中にきびに対処する方法の1つに、抗生物質を用いたものがあります。事前に防ぐと言う意味では、非常に有効です。まず、大前提として、抗生物質の効果があるのは、炎症を起こしているにきびだけです。

発生初期のものなどには、効果がありません。主なものとしては、ナジフロキサンなどがあります。体質や症状に応じて使い分けていきます。最近では、背中にきびの原因としてアクネ菌の存在があります。

ただし、すべてが原因というわけではなく、その物質の一部が悪玉菌として作用しています。また、にきびが他の人に比べてできやすい人は、抗生物質だけでは不十分であると言っても過言ではありません。

一度だけなら治癒するかもしれませんが、慢性的に続いている場合には、一時しのぎにしか過ぎないのです。

そのため、薬と平行してその他の方法も試さなくてはなりません。背中にきびを治すための最短の道は、普段の食生活や生活習慣を改善することにあります。