「粉瘤」

 

背中にきびはアクネ菌というにきびの原因の菌の増殖で起こります。治療法はグリセリンカリ液という薬で軽くピーリングをした後に消毒薬を塗布します。背中の場合は、一人では薬を塗りにくいので誰かの手助けが必要です。

皮膚科では面皰圧出という治療があり、よく行われる治療です。金属のヘラのような器具を使用し、背中にきびの内容物を皮膚の外に出す方法です。痛みを伴う方法ですが、にきびの治りが早まります。

粉瘤は古い皮膚が溜まっている状態なので、簡単には外に出てきません。

良性の腫瘤の一種なのでしばらく放置しておいても命に係わることはないのですが、袋状になり大きくなって気になるようでしたら皮膚科で手術が必要です。

切除した袋状の粉瘤を割ると、白い粥状で臭いにおいの内容物が出てきます。にきびは内容物を取り除けば良くなりますが、粉瘤は袋状の腫瘤を取り除かなければ再発の可能性があります。

どちらも皮膚科や形成外科で診察、治療ができます。